非正規労働者でもキャッシングの利用は可能です

  • 投稿日:
  • by

お金を貸してもいたいと思い消費者金融に申し込みをしたとき私はフリーターでした。フリーターということは非正規雇用者ということになります。非正規雇用者というのは一般的に社会的信用が高くないようです。同じ年収でも正規雇用者であれば銀行から融資を受けられるのに、正規雇用者では受けられないという場合もあるようです。正規雇用者は雇用が安定しているので、それだけ返済能力が確かだと判断されるのでしょう。一方、非正規雇用者の雇用が不安定だと判断されて融資を受けるのが難しくなっているのだと思われます。だからと言って、非正規雇用者がどこからも融資を受けられないというわけではありません。その証拠としてフリーターであった私も消費者金融を利用することでキャッシングの使用が可能となり、必要な現金を融資してもらえたのでした。もちろん、消費者金融の審査が簡単だというわけではありません。返済能力などは厳格に調査されると思って間違いありません。それでも、消費者金融系のキャッシングの場合は非正規雇用という雇用形態だけで審査に落ちることはありません。非正規雇用で働いている方で、お金が必要となったら消費者金融のキャッシングの利用を検討してみたらいかがでしょうか。